英会話お役立ちコラム&お知らせ
2/18(火)臨時休校のお知らせ(大船校)

大船校は 2/18(火)は都合により臨時休校といたします。

但し、電話受付は通常通り13:00~21:00まで行います。

 

尚、戸塚校は通常通りOPEN いたします。

 

戸塚(横浜)大船(鎌倉)のマンツーマン英会話スクール

ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第13回》SNSに関する英会話表現

最近の関心事はやはり新型コロナウイルスですね。インフルエンザなどと比べて毒性が低いなどとも言われていますが、とにかく未知のウイルスでわからない事が多いのが恐ろしく感じさせるのだと思います。このような時には、SNSなどで様々な情報が流れてきます。中には誤った情報も含まれ、それがあたかも正しいことのように拡散する事もあるようです。政府・関係機関には正しい情報を即座に公開して欲しいと思います。
また、インターネットは怖い面も多々ありますが、言わずもがないい面もたくさんあります、このホームページ等、ネットを介してムーヴス英会話を知っていただいた、戸塚・大船以外の藤沢・茅ケ崎・平塚や、鎌倉・逗子・横須賀などにお住いの方がたくさん通って頂いています。これはネットで頂いた「ご縁」だと思い、今後も大切にしていきたいと思います。

今回は、SNSに関する英語・英会話表現を紹介します。

まず、SNSは何の略語でしょうか?

“Social Networking Service”
・Instagram:インスタグラム
・Twitter:ツイッター
・Facebook:フェイスブック
などのサービスに代表される、インターネットを通じて社会的な人間関係を構築するサービスの総称です。

このSNSですが、英会話では一般的には使いません。
英語で「SNS」を表す際によく使われる表現は

“social media” です。

“People post pictures on social media without thinking about the risk of it.”
(リスクを考えずにSNSに写真を投稿する人が多い)
post: 「掲示する」のほか、SNSなどに投稿するでも使います。
“How much time do you spend on social media daily?”
(1日にどれぐらいSNSを使いますか?)
Thanks to the internet information spreads as soon as something happens.
(ネットのおかげで何かあるとすぐ情報がすぐ拡散する)
拡散するは、ウイルスの「拡散」と同じく”spread”です。
現代の情報拡散のスピードは凄まじいですね。

続いて、一般的に「口コミ」は英語ではそのように表現しますか?

“Word of mouth”
そのままですね。覚えやすいと思います。
この表現を使うときは基本「by」か「through」を「Word of mouth」の前に持ってきます。

Moves English School has grown through word of mouth.
ムーヴス英会話は口コミで大きくなっています。

よろしくお願いします(笑)

最後に一つ、私のようにSNSをあまり利用していない人が良く言う事。
〇〇ってすごいよね~、知ってる?
ん?
「そんなのはじめて聞いたよ!!」
は英語で言うと、

“That’s new to me.”

簡単なので、ぜひ覚えて使ってみてください。
もちろん、英会話の表現は日本語に対して一つではありません。レッスンの際に講師に尋ねてみてください。

では次回に。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール

ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第12回続き》英語名称の略語

明日はバレンタインデーです。教室近くの大船ルミネや戸塚のトツカーナでももチョコレート売り場の前はたくさんの人です。バレンタインやクリスマス・ハロインなどのイベントについて、日本と海外の違いを本コラムでも今後ご紹介しようと思います。
では、前回に引き続き英語の名称に関する略語について紹介していきます。
日常会話でもよく使う言葉です。

・ATM 銀行、今ではコンビニ等にもありますね。
Automated Teller Machine の略語です。
TellerはもちろんTell+erで「話し手」の意味もありますが、お金を扱う係(出納係)の意味があります。銀行の窓口の人も”Teller”です。

・IQ クイズ番組などで「誰々はIQ180の天才」と紹介されたりします。
Intelligence Quotient(指数) の略語です。

・AI 日々進化していますね。
Artificial(人工的な)Intelligence
ここで覚えてもらいたいのはIntelligence(知性・知能)です。「インテリ」と日本語でも使いますよね。この単語はもう一つ諜報(情報を収集・分析すること)の意味があります。
・CIA アメリカの(中央情報局)、スパイ映画などでよく出てきます。この正式名称は?
Central Intelligence Agency です。
です。

その他にも大変多くの英語名称の略語がテレビ・新聞・雑誌などに出てきます。ぜひ目にしたら正式名称を調べて語彙力のUPにつなげてください。英語が好きになると、このようなこともどんどん気になりだしますよ。

最後におまけです。有名な会社の英語での名称です。
・UNIQLO ご存じユニクロです。

UNIQUE(独自の) CLOTHING(衣類) WAREHOUSE(倉庫)

です。Clothing(衣類・一般的に衣類全般を指す)はClothes(服) Cloth(布)の違いはよく覚えてください。発音も注意が必要です。ぜひレッスンの際に講師に尋ねてみてください。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール
ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第12回》英語名称の略語

先日、大船の西友でものすごい人だかりがあったので覗いてみると、丁度マスクの入荷があったようで店員さんが出しているところでした。新型コロナウイルスは未だ収束の気配は無い感じです。よく言われるように「正しく恐れる」を念頭に、正確な情報で手洗い等の今自分ができる対策をしていくことが大切だと思います。
さて、この関連のニュースの中でよく出てくる「WHO」、みなさん正式名称はご存じですか?日本語では「世界保健機関」といいます。英語の正式名称は”World Health Organization” です。

このような、英単語の頭文字からとった略称は非常に多いです。GNPやGDPなど学生の時にもいろいろ覚えましたよね。結構その元の単語は知らないものです。テレビや新聞などで目についた略称の英語を調べて覚える事は、単語力を増やすには良い勉強方法だと思います。ここで代表的なものをいくつか紹介します。
今回はまず、簡単な単語の略字から紹介します。

・VIP
Very Important Person
・MVP
Most Valuable Player
言われてみればそうだという感じかもしれません。

少し難しくなります。
高速道路をノンストップで通ることができる

・ETCは?

Electronic Toll Collection system
有料道路の料金はTollといいます。ちなみに、日本語での「料金」は英語ではそのサービスの種類により「fee」「charge」「rate」「fare」「price」「toll」と使い分けます。面倒ですね。本コラムで今度紹介します。

まだまだ沢山あります。次回、少し難しい単語を使った略語を紹介します。

 

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール

ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第11回》時間に関する英会話2

昨晩、大船校から戸塚校に向かおうと大船駅に着くと、なんと東海道線・横須賀線ともに運転見合わせ!!人身事故のようです。結局大船から戸塚まで1時間以上時間がかかってしまいました。日本の鉄道は時間に正確なのが当たり前と思っていましたが、これからは少し余裕をもって行動したいと思います。

さて、前回に引き続き「時間」に関する英会話表現をご紹介します。

まずは、「〇時〇分前」や「〇時〇分過ぎ」という英会話表現です。
past とtoを使います。
・〇分+past +〇時
で「〇時〇分過ぎ」と表します。
例えば、5時6分は”six past five”
となります。
・〇分+to +〇時
で「〇時〇分前」と表します。
4時15分前=3時45分は”fifteen to four”
となります。

同じように、after とbefore を使うこともできます。
5時6分過ぎは”six after five”
4時15分前”fifteen before four”

ここで、実際に会話で使うためのヒントです。数字のfifty とfifteen (50と15やthirty とthirteen (13と30)は発音が難しいですよね。特に電話の場合は間違って伝えてしまう事があるかもしれません。
そのような時に使ってもらいたい表現が、”half” と“quarter”です。
”half” は半分なので30分“quarter”は4分の1ですので15分を表します。
4時15分前”quarter before four”
10時30分”half past ten”
※但し、after とbeforeの時はhalf は使いませんのでご注意ください。

最後に、時間を尋ねる時のフレーズです。
我々神奈川が生んだ国民的スーパースターの曲、
♬今何時♬ ♬そうね だいたいね♬ですが、
皆さんがご存じの “What time is it now?”ですね。
でも通常の会話ではあまりお勧めしません。少し直接的過ぎて失礼に聞こえる場合があります。

ぜひ使って頂きたいのが、以下の表現です。
“Do you have the time?”
知らない人に聞く場合には、”Excuse me ,but do you have the time?”と言ってください。
ここで間違えやすいポイントです。”time”には”the”を付けるのを忘れないようにしてください。”Do you have time?”だと、「時間ある?」という意味になってしまいます。冠詞の”a”や”the”は日本人英語学習者にとっては難敵です。しかし英語にとっては非常に大事なんです。このコラムのどこかで機会あればご案内しようと思います。
この他の表現や、より丁寧な表現などいろいろありますので、興味のある方はレッスンの際に講師に質問してください。

時間に関する表現を習得するためには、日ごろから“何度も口に出して使ってみる”ことが大事です。今何時かな?と時計を見る度に英語でつぶやいてみる事をお勧めします。
金額など数字に関する表現も同様です。これも本コラムで今後紹介していく予定です。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール

ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《特別編》

最近のニュース・話題はやはり「新型コロナウイルス」ですね。戸塚校・大船校ともに、生徒さんからの質問が多いので、急ぎこの話題に関する英単語をまとめて紹介します。

まずは、
・ウイルス virus ※発音に注意してください。
コロナウイルスは coronavirusですが、コロナウイルスは従来からあるものですので、
今回の件は「新型コロナウイルス ”new coronavirus”」となります。
・感染は(名詞)infection
・感染する(動詞)はinfect
使い方は、熟語で覚えておくと使いやすいです。PCのウイルス感染にも同じようにこの表現が使えます。
“be (become) infected with~” ~に感染する、伝染する

・(インフルエンザや今回のようなウイルスの)勃発・発生outbreak
・広がる(動詞) spread
・湖北省 Hubei 武漢Wuhan
・症状 symptom
・咳 cough
・発熱fever 高熱はhigh fever
・肺炎pneumonia
発音が難しいです。カタカナで表現するなら、「ヌモウニア」モウにアクセントを置いてください。

 

大船と戸塚のドラッグストアをほとんどすべて見ましたが、やはりマスクや手の消毒液などは売り切れ状態です。通販などでは数倍~数十倍の値段で販売されているようです。
手洗いが一番大切とのこと。なるべく早く収束することを願うばかりです。

次回の英会話お役立ちコラムはは前回に引き続き、「時間」に関する英語表現の続きの予定です。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール

ムーヴス英会話

 

 

 

英会話お役立ちコラム《第10回》時間に関する英会話表現

早いもので、このコラムも《10回》になりました。今回から何回か連続で「時間」についての英会話表現を紹介します。

まずは基本からご案内します。

“What time is it?”  と聞かれたら

“It’s 3 o’clock”

のように、It’s+数字で答えます。時間を表す主語はItを使います。

例えば、5:20は、
It’s 5:20(Five Twenty) とイッツに続いて時・分の数字をそのまま英語で言うだけです。

ちなみに、特にアメリカでは、日本では当たり前の24H制は一般的には使いません。ミリタリータイム(軍隊の時間)と表現され、軍隊や時刻表など限られた場面でしか使いません。午前・午後を表現したいときには、am/pmを時間の後につけてください。また、下記のように、朝・夜などの言葉を付け加えると明確に伝わります。
例えば、10時と言いたい場合は・・・・
“10 in the morning”(朝10時)
“10 at night”(夜10時)
その他、in the afternoon や、in the eveningをつけてください。

日本語でも同じですが、あえて言わなくてもあたりまえの時は何も付けずに、数字のみが一般的です。
今日の英会話レッスンは何時から?と聞かれて、at 2 in the afternoon ではなく、at 2 だけが一般的です。まさか深夜2時からレッスン始めるはず無いですもんね。

また、よく勘違いして覚えているのが「o’clock」の使い方です。
“It’s 3 o’clock”
は、3時ピッタリという意味です。正時(分がつかない〇時)の時に使います。よって、実際には会話ではあまり使われません。

次回には、〇時〇分過ぎや〇分前など、すこし難易度の高い表現を紹介します。

さて、これまでは中級以上の方には簡単すぎる内容だったと思いますので、最後に時間に関する英会話表現を一つ紹介します。

Wait until the last minute「ギリギリまで待つ」

文字通り最後のギリギリ一分まで待つシチュエーションで使います。

“If you wait until the last minute, all the tickets will sell out.”
ギリギリまで待ったら、チケット売れきれちゃうよ。

ちなみにドタキャンは“Last minute cancellation”と表現します。

 

本日は平野部も雪の可能性がありましたが、ここ戸塚・大船では積雪はなかったようです。でもとても寒い雨の一日で、いつも買い物客で溢れている大船の仲通り商店会も閑散としています。急な気候の変化で風邪など体調を崩しやすくなっています。皆様もどうぞお気をつけてください。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール
ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第9回》

早いもので新しい年になり半月が過ぎました。皆さんどのようにお過ごしですか?学生の方は試験シーズンですね。英検の一次試験も数日後です。戸塚校・大船校の英検受験の皆さん、ぜひ日ごろの勉強の成果が発揮できるよう頑張ってください。
社会人の方は挨拶回りや新年会などでお忙しかった事と思います。疲れが溜まり、風邪などを引きやすくなっているかと思いますのでどうぞお気を付けください。

今回は、ついつい口に出てしまう「疲れた~」の英会話表現をご紹介します。

先ずは、皆さんご存じのフレーズです。
① “I’m tired.” 普通に「疲れた」です。

他にもたくさんあります。よく使われものを中心にご紹介します。

② “I’m exhausted.” くたくたに疲れた、疲れ果てた
Exhaust(エグゾースト、車の排気の意味もあります。なんとなくイメージ湧きますね)

③ “I’m worn out.”  WornはWearの過去分詞形です。摩耗してすり切れた感じです。Exhausted同様、疲れ果てたという意味です。

④ “I’m burnt out.”  Burnt はBurn(燃える・焼ける)の過去・過去分詞形です。文字通り「燃え尽きた・・疲れ切った」という意味です。
昔の名作漫画「あしたのジョー」の超有名なセリフ
「燃えたよ・・真っ白に・・・燃え尽きた・・真っ白な灰に」
もあえて英訳するならこの表現かと思いますが、どうでしょう。(完璧な英訳はたぶん難しいと思いますが・・)

ここで、英文法からの英会話ヒントです。上記表現、必ず「過去分詞」の形(形容詞含む)になり、中学文法で学んだ「受け身(受動態)」をとっていることにお気づきですか?英語は主語を明確に表し、その受動・能動関係をきちんと正確に表現します。日本語と異なる部分です。人は「何か」によって「疲れさせられる」と表します。実際、様々なストレスやきつい運動などによって、「疲れさせられる」からです。

また、形容詞における受動・能動の「~ed」「~ing」の形は間違えやすいので、また別の機会にご紹介します。

 

以上の他にもたくさん類似の英語表現があります。興味ある方はレッスンの際に講師に聞いてみてください。

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール
ムーヴス英会話

2月の休日のお知らせ(戸塚校・大船校)

2月度休日のお知らせをスクール案内の戸塚校・大船校の各ページに更新しました。
ご確認ください。

※休日予定は、戸塚・大船各校異なりますので、スクール案内のそれぞれの予定をご確認ください。

戸塚・大船のマンツーマン英会話スクール
ムーヴス英会話

英会話お役立ちコラム《第8回》

ここ戸塚・大船の街もようやくいつもの落ち着きをとりもどした感じがします。

とうとう東京オリンピックが近づいてきました。滝川クリステルさんが「お・も・て・な・し」とオリンピック誘致のプレゼンをしたのは2013年、時が経つのは早いですね。

さて、その「おもてなし」は英会話ではどのように表現しますか?
一番近い単語は・・・・・

”Hospitality” (歓待、手厚いもてなし)

です。ホスピタリティと最近ではカタカナ英語でも使うようになってきてます。皆さんご存じ”Hospital” (病院)も語源は同じなんです。元々は客人を保護するといったラテン語から派生したようです。このように語源から関連づけて覚えるのも語彙を増やすお勧めの学習方法です。
あわせて、Host(ホスト)はもちろん英語ですが、最近よくテレビに出ているローランドさんのような方の職業を表す“ホスト”は和製英語ですのでご注意を。特定の職業を表す意味はありません。Hostはお客様をお招きする側といった意味です。つまりGuestの反対の使い方をする、と覚えると使いやすいですね。
“Thank you for inviting me this evening. You were a great host.”
(今晩はお招きいただきありがとうございます。すばらしいおもてなしでした)
この文を「あなたは、すばらしいホストでした」と訳すとなにか別の意味になりますよね。
ホームステイ先のホストファミリー(Host family)やスポーツイベントの際のホスト国(Host country)といった使い方をします。
また、イベントやショー、TV番組などの司会者も”Host“といいます。

動詞での使い方(主催する、もてなす)もあります。

Tokyo will be hosting the next Olympic Games.
(東京は次のオリンピックを開催することになっている)

最後に、あまり教科書や参考書に載っていない、しかし日常よく使われる表現をご紹介します。

“Roll out the red carpet”「大歓迎をする・丁重にもてなす」

「赤いじゅうたんを転がす」・・・イメージすると分かりやすいし覚えやすいです。
アカデミー賞やカンヌ・ベルリンの映画祭などに世界のセレブ達が赤いカーペットを歩いて会場に入りますね。
普段以上に丁重におもてなしをしてゲストを盛大に歓迎することを表します。

I will roll out the red carpet when you come to Yokohama!!
(横浜に来たら盛大に歓迎するよ!)

 

ムーヴス英会話 戸塚・大船校のスタッフ・講師一同、生徒の皆様をいつも
“Roll out the red carpet”
の気持ちでお迎えしています!!

 

 

大船(鎌倉)戸塚(横浜)のマンツーマン英会話スクール
ムーヴス英会話